Tumblr単発~中編日記まとめ2 2017

大勢にとっての生きる理由はないけど個々の理由はあると思う。それが生きること。

感情も入れてこそ理詰めって誰の言葉だっけ?

小説を書く人はチェスの駒を動かすように書くか、プロットを方程式のように書くか、自分を主人公にさせて書くのか。わからないけど。 最近の好きな言葉「人は、誰かを許せず、憎みながらも幸せになることは可能です。

人生は一人芝居。思い込みと葛藤で出来ている。

殺意のない殺人なんてないって誰が言ったんだっけ?人間にはもともと同族を殺したくないという気持ちがあるらしい。それを超えて人を殺すなんて相当な殺意を持ってるんじゃないかな?もしくは他人という1人の人間を人間として見ていない。モノだと思っているのかもしれない。モノであって人間ではないから、壊してもいいものだと認識しているのかもしれない。目の前に肉の肢体で感情がある「人」というものがいても、彼らの目にはただの喋る人形としてしか映っていないんだろうな。

人ってリラックスしている時が一番本領を発揮するらしい。いつもリラックスして、なおかつ自然に身動きも洗練されるように。爪、爪先は揃える。下ばかり向かない。ゆっくり大股で歩く。はっきり口を動かす。恥じる必要はない、でも、恥じらいは必要

親が言っていた言葉のひとつひとつに、しっかり意味があったんだなって思う。それを子供にわかるように伝えるのは至難の技。「朝、支度するのは大変だから夜にしなさい!」とか「早く寝なさい!」とか結局のところ起きれないからなんだよね。人は人のことをそんな気にしてないけど、誰が見ているかわからないからいつでもしっかりしておくべきなんだよ。他人は自分のことは気にしてない、でも「見て」はいるからね。そのほうが楽なんだ。慣れだよ、慣れ。教育という名の洗脳そのものが悪いわけじゃない。やりたいことをやれるだけやってみたらいい。自分の人生なんだから。

こんな年齢にもなってちゃんとした生活習慣を持てない自分に苛立つ。そして勤務先の男の人に避けられてるっぽい?まあどうでもいいんだけどねー。24歳にもなってキスマークをつけてフラフラ歩いているような人になりたくない。かっこいいとでも思ってるのかな?そういうのが許されるのは高校生まで。いや、高校生の時だって白い目で見られていたはずだったけど。彼氏のいる女の子は勲章のようにつけてきてたっけ。私もその一人です。恥をつけて歩いているようなものって友達が言っていたけど、まさにそれ。アルバイトをバックレるのも、キスマークの件も、清潔感が足りないのも、醜態を晒すのも恥ずかしいことなんだよ?お気づきかしら?

此処でいろんな人がいろんな人の投稿にスキ!ってつけてるけど、私には何にも共感できないんだが。スキ!とつけたいほどセンスの光る文章とも思えないし、共感出来そうな話題を書いているようにも見えない。(おそらく自分につけられてもびっくりする、いや、これは孤独な私の嫉妬かもしれないが)名言や人の言葉なんて時間が経てばすぐに忘れられる。私の言葉だって、誰かに影響を与えることなんて皆無なんだろう。ランキングに入ろうと、此処でのさばっていようとね。誰かが認めなくても、私は私の文章を愛してるし、書いていきたい。こう言うのもなんだが、割とセンスは良いと思う。深みはないけど。(やっぱり誰にもスキ!とされない嫉妬のようだ)

いつの日記なのか忘れた。今まで自分で決めた事ってほとんどなくて、流れに身を任せてなんとかやってきて。怖くて、他人の顔色ばかり伺ってて、こんなじゃダメだなって思うんだけど、過去の失敗に囚われていて。じゃあ何がいけなかったんだろう?って思うと…自分に対する自信とか、礼儀の問題だったり、当たり前のことが出来ていなかったり、すごく簡単なことだったんだなって思ったよ。余裕が大事なんだ、とか。飽きっぽくて何にも続かないし、かといって何かしてあげようとかしようとかそういう考え方を持ってなかったし、じゃあどうすればいいのか?自ら動こう、そして。今置かれてる現実を見ないといけない。

もう嫌だって思ってからが勝負よ!フットワークが重くて自分に自信がないんだよなぁ。他のみんなと違う。傷付きやすいし、話題がないし、適当で自分からは動かないというか。もっとちゃんとしないと。私は何がやりたくてどう生きていきたいんだろう。一言多いんだよね。もっとリラックスして生きていきたい。人を振り回すことに道楽を覚えているというか。背伸びしないことが大事なんだろうな。自分のことをあんまり話さないというか。話したくないというか。