マイ・ブルーベリー・ナイツ(My Blueberry Nights)

公開:2007年/監督:ウォン・カーウァイ王家衛

一つ一つが写真のような映像美。そんな美しい映画。

ジェレミーがかっこいい。

あと、エリザベスの心的描写をあまり描いていないせいで、重苦しい話にはならなかった。途中途中で出会う人々は結果的にとても重い結末で終わるわけだけど、映像によって「重さ」が演出されているだけで心的描写が少ないので重すぎたりはしない。

結局彼女もジェレミーも元恋人を引きずってたんだなあ、と思う。元カノ(カティア)が来て最後に「さようなら」とキスをするシーン。「扉が開いたところで求めている人はいないし、鍵があったところで開けない扉もある」と言われて本格的に振られたジェレミーはここで完全に吹っ切れたんだろうなあ。引きずっていたからじゃなく、吹っ切れてエリザベスを好きになりつつあったからこそ、元カノとキスが出来たのかも。もう大切な思い出で、愛していたこともそれを失ったこともよ~く理解しているからこそ、過去とは決別出来たからこそ、元カノとキスをして終わらせる。彼らのキスは私達の物語は本当に終わったんだ、と確認する為の、愛していた者に対する最後のお別れ・・・そんな感じがしました。

エリザベスがすごく普通の女性なところもよかった。ただ、映画の表紙にもなってるあのキスシーンは画にこだわりすぎた感じはあるかも。

エリザベス以外の女性が振り回す系の女の人ばかりのように見えるので、彼女がピュアで真面目な女性だということがわかる。 冒頭で 「何事にも理由はある」と言っていたし、別れてから不眠症になったところを見ると尚更そう思える。

ジェレミーは要領いいタイプだな、絶対。

カティアは可愛すぎだろ。ジェレミーの必死さと考え方が好きだし、映画そのものの雰囲気が心地よかったし、バック・グラウンド・ムービーとして流したい映画だと思いました。

私と元カレとの関係がスー・リンとアーニーの関係に似ていたので気持ちがすごくわかる。別れた今、なんで別れたんだろうと思っていたけど当時は窮屈で仕方なかった。

レスリーは破天荒だったなあ。正直馬鹿かよ!と思いつつ、あれだけカジノで勝って嘘をついているからにはずる賢いんだろうな。途中でエリザベスは「人は自分を知るための鏡だ」って言ってたけど、彼女の出会ってきた女性はみんな彼女とは正反対の女性だった。

鏡は自分を写す。正反対の自分を。

そうなると色気ムンムンのスー・リン、嘘を吐いたり他人を平気で騙すレスリー、自滅的でアルコール中毒のアーニー。彼らはみんな彼女とは正反対だった。質素で堅実なエリザベス、正直なエリザベス、変わりたいって健気なエリザベス。

主人公が自分の良さをもう一度みつめてほかの人の恋愛物語に触れることで成長出来たのかもと思うと、ラストは幸せになって欲しいと素直に思える。

映像と音楽はすごくよかったけど、ストーリー性は少し欠けていて、もう少し重みが欲しかったかもしれない。全体的にセリフが少ないせいもあってか、物足りない気持ちだったけど、私は好きな映画なので、映画としては評価★3かな?

個人的には★4といったところでしょうか。

イギリス人のジュード・ロウがイギリス人役、ハーバード大学を現役卒業した才女ナタリー・ポートマンがカジノの切れ者ノラ・ジョーンズは真面目系女子。配役が面白い。レイチェル・ワイズもイギリス人らしい。

最後にナタリー・ポートマンは本当に演技がうまい。ファミレスでお父さんの電話の話をするシーンの悔しそうな顔が個人的に好きでした。