Twitter単発投稿まとめ2 2017

  • 平等と正義はイコールではない
  • 他人の提案を取り入れそこから可能性を広げる方が遥かに効率がいいと思う
  • 負けを認めるということこそ誇り高さの真髄だと思う
  • ランダム再生が私をいじめる
  • 廃世界からの脱出ゲーム、面白かった~「永遠の命が欲しいか?」と聞かれたら「欲しいなんて言うな」ってね!支払いが「時間」なのが良い
  • 最後に句読点の丸をつける人はプライドが高いらしい
  • 全ての期待を手放そう、全ての執着を手放そう、私は私である以上、何者でもない
  • 誰かと愛し合えることは素晴らしいんだけど、どうしても自分の時間を確保出来ないとイラついてしまう・・・ずっと一緒にいるって言うのは苦痛でしかない、結婚とか無理な気がする
  • 個性的でありたい、という発想こそが非個性的じゃん
  • みんなと同じでありたいという気持ちの裏はそうじゃないと仲間はずれにされるからだよ
  • 天秤は釣り合っている時が一番美しい、人間も死にたいという気持ちと生きたいという気持ちを同じくらい持ってる時が一番いい
  • 生きることも死ぬことも方向性が違うだけで同じことだと思うけどね
  • 生きたがりは死に急ぎ
  • 女であるということが盾みたいなもんだよ
  • 配られたカードが悪くても勝とうとする努力ができる人間こそ本当に強い人間だと思う・・・漫画とかでよく貴族っているじゃん、頭の良さも身体能力も8割近くは遺伝っていうし血を守り続けてる以上有利なんだよ
  • 聖書の言うことはわりと正しい
  • そもそも人間がいいものだなんて思ってないし、人間は最初綺麗でどんどん汚れていくという発想よりも、汚れているからこそ綺麗になりたいと考えるって方が好き~最初から汚れてるんだよ、人間に限らず誰かに迷惑をかけて自分より弱いものを殺して食べないと生きていけないんだから
  • 人を殺す人間が清らかなわけがないじゃん
  • 自殺にしろ人を殺すにしろ同じ、他人を殺せるくらいの覇気があったほうが生きていきやすいのかもしれないけど
  • 傷つかずに生きていきたいって無理だもんね・・・どんなに頑張っても傷つくことはあるし、かといって傷ついてもいいっていうのは投げやりじゃないの?傷ついても治していける力があるから大丈夫っていうのが大事だよね
  • 思い込みだよ、幼少期に自分は愛されてるって思い込みをどれほど作れるかかで人生決まる
  • 言葉が好き、以前書いた自分の言葉にうっとりするようなことがよくある・・・自分は才能の塊なんだとなぜか勝手に思ってる
  • 自分の容姿の醜さや何にもできない自分、嫌いだった・・・でもそれでいいじゃないか!私は私としてたった1人の人間として価値があるのだから他人には好きなように言わせておけ
  • 私は自分に自信なんてなかったし散々馬鹿にされてきたじゃないか、もう嘘を付くのはやめよう、愛想笑いもやめよう、馬鹿馬鹿しい!寂しいからって誰かと付き合うのはやめよう

Twitter単発投稿まとめ 2017

  • うざい相手と一緒にいる意味ないわ
  • mysteriousって言葉が好き
  • 気に入ったものを保存してみるけど結局のところすぐに飽きるのが目に見えてて辛いわ、なんにも好きになれないんだよね
  • 儚げな感じになりたかったけど私には無理そうね
  • 私の魂は水色がいいな
  • 儚い、っていう言葉が好き
  • もし子供が出来たらなんて名前をつけるかってずっと考えてたことがあるけど私なら「紗雪」か「紫(ゆかり)」にする
  • 目を瞑れば見える世界が貴方にとって優しくありますように
  • 大体誰のことも嫌いです
  • 背が高ければ高いほど好き
  • 黒髪の男の人ってセクシーよね
  • 子供の名前なら「紬(つむぎ)」っていうのもいいね、まあキラキラネームのような気がしないでもない、「雫」もいい
  • 派遣先の人がいい人で感動した・・・誰にも態度を変えない、さりげない気遣い、いつも機嫌が変わらない、自分の意見を押し付けない
  • 短期の仕事って転校生みたいだなって思うわ・・・そこの職場に入って、どうにか馴染んで、馴染む方法を見つけて、郷に従って、仲良くなって、さようならをする
  • 主人公も監督も脚本もあなただ。脇役は通り過ぎるだけ、一人で舞台に立ってどれだけ演じられるのか?シェイクスピアは言ってたよね、人生は演劇だってさ!確かに同じ話は一つと無いわけだけど
  • 私は小心者で短気で飽き性で依存気質だけど受け入れるのは得意だし合理的だし頭の回転早い、姉は視野が広くて自信家で心優しいけどなまじ自信家なので反省しない上感情的で全く頼りにならない
  • 大人になり始める瞬間、0.5秒前
  • なんか腹立つからあえて毎日言ってみる作戦
  • 人に期待しないというか誰かに幸せにしてもらおうという発想は無くそう
  • 要らないものはすべて捨ててしまえ!
  • 海外留学してそれなりの大学にいって哲学と心理学を学んでクソ美人になって小説家になることが当面の夢です🌃叶わないとか言わないの😘
  • 自分が浮気しなくてもされない保証はないし好きだからって好きになってくれるわけでもない
  • こんなクソミソな自分と付き合ったり仲良くしてくれた人達って本当に天使なんだなってことに気がついたわ!家賃1万円で居させてくれる姉の神憑り的な優しさに助けられて寄生して生きてます🍣そのくせ彼らをゴミのように言った自分のクソっぷりにむしろ好感を抱くレベル
  • クロスマリアンの「いい女は一途すぎるよな」って言葉、昔は嫌いだったけど今は粘るよ😘いい男も一途過ぎるもんですよ!

Tumblr単発~中編日記まとめ2 2017

大勢にとっての生きる理由はないけど個々の理由はあると思う。それが生きること。

感情も入れてこそ理詰めって誰の言葉だっけ?

小説を書く人はチェスの駒を動かすように書くか、プロットを方程式のように書くか、自分を主人公にさせて書くのか。わからないけど。 最近の好きな言葉「人は、誰かを許せず、憎みながらも幸せになることは可能です

人生は一人芝居。思い込みと葛藤で出来ている。

殺意のない殺人なんてないって誰が言ったんだっけ?人間にはもともと同族を殺したくないという気持ちがあるらしい。それを超えて人を殺すなんて相当な殺意を持ってる。もしくは他人という1人の人間を人間として見ていない。モノだと思っているのかもしれない。モノであって人間ではないから、壊してもいいものだと認識しているのかもしれない。目の前に肉の肢体で感情がある「人」というものがいても、彼らの目にはただの喋る人形として映っているんだろうな。

人ってリラックスしている時が一番本領を発揮するらしい。いつもリラックスして、なおかつ自然に身動きも洗練されるように。爪、爪先は揃える。下ばかり向かない。ゆっくり大股で歩く。はっきり口を動かす。恥じる必要はない、でも、恥じらいは必要

親が言っていた言葉のひとつひとつに、しっかり意味があったんだなって思う。それを子供にわかるように伝えるのは至難の技。「朝、支度するのは大変だから夜にしなさい!」とか「早く寝なさい!」とか結局のところ起きれないからなんだよね。人は人のことをそんな気にしてないけど、誰が見ているかわからないからいつでもしっかりしておくべきなんだよ。他人は自分のことは気にしてない、でも「見て」はいるからね。そのほうが楽なんだ。慣れだよ、慣れ。教育という名の洗脳そのものが悪いわけじゃない。やりたいことをやれるだけやってみたらいい。自分の人生なんだから。

こんな年齢にもなってちゃんとした生活習慣を持てない自分に苛立つ。そして勤務先の男の人に避けられてるっぽい?まあどうでもいいんだけどねー。24歳にもなってキスマークをつけてフラフラ歩いているような人になりたくない。かっこいいとでも思ってるのかな?そういうのが許されるのは高校生まで。いや、高校生の時だって白い目で見られていたはずだったけど。彼氏のいる女の子は勲章のようにつけてきてたっけ。私もその一人です。恥をつけて歩いているようなものって友達が言っていたけど、まさにそれ。アルバイトをバックレるのも、キスマークの件も、清潔感が足りないのも、醜態を晒すのも恥ずかしいことなんだよ?お気づきかしら?

此処でいろんな人がいろんな人の投稿にスキ!ってつけてるけど、私には何にも共感できないんだが。スキ!とつけたいほどセンスの光る文章とも思えないし、共感出来そうな話題を書いているようにも見えない。(おそらく自分につけられてもびっくりする、いや、これは孤独な私の嫉妬かもしれないが)名言や人の言葉なんて時間が経てばすぐに忘れられる。私の言葉だって、誰かに影響を与えることなんて皆無なんだろう。ランキングに入ろうと、此処でのさばっていようとね。誰かが認めなくても、私は私の文章を愛してるし、書いていきたい。こう言うのもなんだが、割とセンスは良いと思う。深みはないけど。(やっぱり誰にもスキ!とされない嫉妬のようだ)

いつの日記なのか忘れた。今まで自分で決めた事ってほとんどなくて、流れに身を任せてなんとかやってきて。怖くて、他人の顔色ばかり伺ってて、こんなじゃダメだなって思うんだけど、過去の失敗に囚われていて。じゃあ何がいけなかったんだろう?って思うと…自分に対する自信とか、礼儀の問題だったり、当たり前のことが出来ていなかったり、すごく簡単なことだったんだなって思ったよ。余裕が大事なんだ、とか。飽きっぽくて何にも続かないし、かといって何かしてあげようとかしようとかそういう考え方を持ってなかったし、じゃあどうすればいいのか?自ら動こう、そして。今置かれてる現実を見ないといけない。

もう嫌だって思ってからが勝負よ!フットワークが重くて自分に自信がないんだよなぁ。他のみんなと違う。傷付きやすいし、話題がないし、適当で自分からは動かないというか。もっとちゃんとしないと。私は何がやりたくてどう生きていきたいんだろう。一言多いんだよね。もっとリラックスして生きていきたい。人を振り回すことに道楽を覚えているというか。背伸びしないことが大事なんだろうな。自分のことをあんまり話さないというか。話したくないというか。

Tumblr中編日記まとめ 2017

復讐は全て愛故だと思う。 誰よりも愛する自分を虐げられた憤り。誰よりも愛する自分をぞんざいに扱われた悲しさ。愛故に、自分をそんな風に扱った相手を攻撃する。 そして、たとえ復讐であれ人を傷つける事は全部罪だと思う。人に苦しめられたからといって苦しめていい理由にはならない。だからこそ、愛故に罪を犯すことは、神の名において戦争を起こすことと似ていると思う。(本日二度目)

根は適当だけど見た目や世間体的に真面目にやっておかないといけないから真面目、って人と根は真面目だけど表向き反抗的な態度を出したい人、本当に真面目で真面目な人、適当すぎて適当すぎる人。大体このどれかだよね?真面目系クズの人は多分1番最初じゃないかな。何故真面目にやるのか?ということが大事よね。あとユーモアも必要だなって最近思った。

お酒を飲まないと話せないと言うより、お酒を飲むと話したくなるって言う方が正しいかな?いつもは話しかけんなよオーラを出してるからねwコミュ障なのは事実だけどw話したくないw
「ちゃんとに」が口癖だからおそらく真面目でルールを守るタイプだろうな。「賢いねん」が口癖だからプライドが高くて人を見下しがち・判断しがち、賢さと言うものに拘りがあるんじゃないの。
あれ?私って人の話を聞いてるつもりで全く聞いてなかったんじゃん!仕事は出来ると言うより、覚えるのは早いけどミスも多いので一つ一つの過程を丁寧にやって行くべきだな。素直な点は良いところかな?私は他人から良いところを吸収すべきだわ。

どうやら私は劣等感というものを抱きながら、自分を特別だと思いたいみたい。自分だけ上だと思うのも下だと思うのも結局のとのろ自分を特別だと思ってる証だよね!人生を無駄にしてしまうだろう、と思っているからそうなっていくんだ。そういえばゴミ袋の縁をツインテールみたいに結ぶのって溢れないしいいね。あとコンタクトをしたままお風呂に入りたいのでご飯より先に入っておくべきだな。習慣化には結構時間がかかるっていうけど、仕事だと2週間もあれば大体さわりは覚えてくるし、細かいことではないんであればそれくらいで大丈夫じゃないかな?習慣化にかかる時間って大事よね。

あくまで自分にとっての正義であり他人にとっては違う。そもそも正しいと判断を下せる問題じゃない。受け取り手にまかせることしかできないな。自分の正義の信者を集めようとする人間のあり方に私は疑念を覚える。何事もどう思っているかは語れてもこれが正しいとは言えなくない?より効率的で、それこそその時点での正しさはあるかもしれないけど。

昔の人は形あるもののせいにしたくて宗教を作ったんじゃないだろうか。天災や人の死、自分自身の人生、それらは目に見えない力で作られたものだけど、残すものには形がある。だから、自分達の存在理由や起こる出来事そのものが、目に見えない何かに動かされていても、その根本的なものを動かし、そして作り出したものには形がある、ということにしたかったのでは?形あるものしか信じられないのが人間だから。

多分冷たそうでクールな人とか、絶対自分が有利に立てない相手は嫌いなんだろうなあ。でも関われば悪い人じゃないってわかるんだよ…と言いつつ、初対面でバッサリ「合わないだろう」と決めつけてしまう自分がいる。好き嫌いが意外と激しくて、態度が悪いんだろうなあ。冷たいというか、冷たそうというか、勝手にそう思い込んで、被害妄想じみている…。目つきに人柄は現れるものだと思う。おばあちゃんやおじいちゃんが子供に話しかけるような雰囲気かあ。もっとリラックスしたい。

私が感情移入するキャラは、デッドエンドの思い出の西山くん、人魚姫、インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイアのルイ、羊達の沈黙のハンニバル・レクター博士。 悲劇だね。悲劇のヒロインだったり、孤独な人が好きなようだ…。最後にプシュケとエロス。一番好きなのはプシュケとエロスのプシュケです。

あたかも好きなように振舞ってるけど、黒が好きなわけじゃないよ。夜よりも朝の方が好きだし。月よりも太陽の方が好きだし。煙草よりもお酒の方が好きだよ。と言っても黒と夜と月と煙草は相手に求める要件なんだよね。本来私は白と朝と太陽とお酒のような人物なので。何言ってるか不明だね。そういえば話変わるけど、昔勝手に携帯を盗み見られたり、自分が他人の裏アカウントを発見する頻度が高いのでバレないようにしてる。ただ、頭の良い人の場合、言葉の使い回しでなんとなくバレたりする。知り合いの誰かだろうなーってくらいの情報しかなくても大体わかってしまう。

本当のあたたかさ:数学の教師は、厳しい。国語の教師は、感情的。英語の教師は、ねちっこい。理科の教師は、面白い。歴史の教師は、差別的。美術の教師は、優しい。音楽の教師は、可愛い。体育の教師は、どうでもいい。最後に助けてくれたのは誰でしょう?

Tumblr単発日記まとめ 2017

くだらないことを言ってないで動けよ! 完璧を目指すよりも終わらせろ!って誰かが言ってたけど、まさにその通り。 人生で一番大事なことは、行動力。

どうやら私は説明が下手みたい。筋道を立てて文章を書くのは向いてない。小学校6年生の時の文章が1番綺麗にかけてた。最近はところどころで話題が飛んで、結局何を話したかったのか分からなくなってる。他人に読んでもらおうとしていないからなのか、本を読んでいないからなのかわからないけど(笑)

君の愛情は軽すぎる ‪まるで綿あめみたいに甘くて‬ 食べたら一瞬でなくなっちゃうんだ‬ ‪手に付くとすぐに取れないしさ‬ ‬本当に迷惑してるんだ‬ ‪でもどうしても食べてしまいたくなる‬ まあ祭りが終わればおしまいだけどね‬

私は私の思うように生きていきたい。私は私の見たいものを、聞きたいことを、見て、感じて、生きていきたい。

信じるってことは裏切られてもいいってことなんだよ」 時の流れは残酷だなー。

昔の詩とか小説を読むと、人間って全然変わらないものだなって思うんですよね。人種が違っても程度の差こそあれ、似たような事で悩むものなんだな、と思いました。

周りの人は鏡だとよく聞くけど、最近は本当にそう思う。鏡の自分の髪が乱れていたら、鏡に手を突っ込んでも治せない。鏡を見ながら自分の反対側をじすなおすしかない。もし、花束が欲しいなら自分が花束を持つしかない。

今あるものを大事にしていきたい。周りのみんなが私の友達をどう思おうと、私自身が大切だと思うのならそうすれば良い。周りになんて言われようが気にしない。世間一般的には、パチプロとかフリーターとかニートってあまり良く思われないし、レールから外れた人間だと思われているけどね。結局個人の幸せなんて人それぞれで、自分のやりたいことをやるのが一番なんだよ。 周りになんて言われようとさ。

人間関係って本当に疲れる。好かれなくてもいい、という諦めが必要な気がする。

主観的に見れば人生は経験だが、客観的に見れば歴史になる。

人には役割がある。 好きなことと得意なことが一致するとは限らない。

他人にアドバイスする時は、得てして自分の意見を押し付け相手をコントロールしようとしすぎだ。結局、「私ならこうするだろう」という憶測と、世間一般的に良いとされてる解決策を提示するしか出来ないんだ。

私の元カレが私の悪口をよく言っている。人のせいにしている間は幸せだよね。結局のところ真の被害者というのはいつだって加害者なんだ。

適当にやると二度手間だから、時間がかかっても一度に終わらせたほうがいい。

愛故に罪を犯すことは、神の名において戦争を起こすことに似ている。

なりたいものなんてないよ。私は私になりたい、それ以外の何物にもなりたくない。自分の好きなことをやっていたら、讃賞を受けていたっていうのが1番好ましい。

一度失ったものは元に戻らない。 1.信用 2.時間 3.純潔 4.命 5.新鮮さ 純潔は失くしても、純粋さは取り戻せる。

サイド・エフェクト(Side Effects)

公開:2013年/監督:スティーブン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh)

大体最初の10~30分でつまらないと感じた映画は見ない主義だけど、この映画には続きを見たくさせるなにかがあった。

まずエミリーが自殺未遂するシーンで思いとどまった。淡々と静かに流れていくこの映画の雰囲気に飲まれてしまった感がある。

なんとなく裏切りのサーカスとロスト・イン・トラストレーションみたいな画の撮り方かなあ、とおもいました。

エミリーとシーバード博士がインサイダー取引によって儲けようとする話。

最初の方のエミリーが美しい。

最初っからなんとなくシーバード博士は怪しいというか一癖持ってそうな雰囲気を出してはいたけど(笑)、やっぱりそうだった。

自分的に精神科医みんなでグルになってバンクス博士を陥れようとしているのかと思ったけど、もしそうなら新薬の被験者探しに協力させたりはしないだろうし、なによりエミリーが最初っからどう見てもメンヘラなので、薬で人を殺した時点で嘘だろ!と思いました。

旦那とのSEXであまり感じていない雰囲気だったし、エミリーはもう旦那への気持ちはなさそうな感じ。

バンクス博士を以前ストーカーしていた女の人が実は死んでいなくてシーバードだった、だから復讐した、とか。もしくはエミリーがバンクスを好きになってしまったので演技をして気を引こうとしてるorシーバードが元々バンクスと恋愛関係にあって振られた・・・。いろんな予想をしたけど結局シーバード博士の論文が出てきた時に確実に彼女が犯人だと思った。

エミリーが演技をしていそうなのもわかった。

ただエミリーとシーバードが組む理由が途中までまったくわからなかった(笑)

未来は予見できる、過去の行動によって

「性格は行動の統計である」という言葉があるように、その人が今後どのような行動をとるかは今までのその人の動き方によって予測できる。エミリーがシートベルトを閉めていたこと・・・、旦那を裏切ったこと、彼女の言葉が上司の言葉を真似ているものであること、しょっちゅう嘘をつくこと。

そこから見てもシーバードを裏切る可能性は高い。

よくゲーム理論では相手の駒を読む方法があるけど、彼女たちがバンクスを狙ったのはたまたまだったらしいので、わからなくて正解だったかもしれません。

シーバードとエミリーが恋愛関係にあるとはさすがに思いつかなかった。展開の遅いアリス・グリードの失踪を見てる気分。

シーバード博士はなんとなくレズビアンな雰囲気がしてたけど(笑)

エミリーもなかなかの小悪魔っぷり。

セレブ生活から転落したのは夫のせいなのは確かだし、流産した痛手もあったかもしれないけど、夫やシーバードをあれだけ振り回して、まして人を殺してる彼女が正常なわけがない。

作品上スカッとすることはないけど、ただ内容を書き出していくならスカッとするかも。

最後まで自分の手で調べ上げ、自らの地位を取り返したバンクス博士はすごいな。

バンクスが他人の心理をコントロールするのがうまい。エミリーを煽ってるところとか好きだわ。

そしてキャサリン・ゼタ=ジョーンズがセクシーでクールであんな上司が欲しい。

静かな映画なので、好き嫌いが分かれるかも。

個人的には★3つ。

鑑定士と顔のない依頼人(The Best Offer/La migliore offerta)

公開:2013年/監督:ジュゼッペ・トルナトーレ(Giuseppe Tornatore)

孤独で女性恐怖症のおじいちゃん+それに振り回されてきた周囲が復讐をする。スカッとするような、後味が悪いような作品。

どんな贋作の中にも真実を見つける

ちなみに途中でヴァージルとロバートがレストランで食事中、ヴァージルがナイフで遊んでるのを発見して三度見しました。

お話はそんなお茶目な天才鑑定士の元にきた、一つの鑑定以来から始まる。

・・・けど、説明はふっ飛ばして、最後にヴァージルは贋作の中の真実を見つけた。NIGHT AND DAYっていうお店は本当に存在する(真実)ことに気づく。

そしてクレアの 「どんな事があろうとあなたを愛している」という言葉を信じ続ける。多分、この言葉は嘘なんじゃないかな?

オートマタ、心は偽れる、ビリーの言葉。

クレアの言葉は嘘だった。クレアというオートマタ(機械)には中に小人である本物のクレアがいた。

最初っからロバートは本当のことを言っていたんだよね。

童貞が快楽を知って、人を愛した、でも今までの報いがくるっていう映画です。

私はヴァージルが大好きです。あの潔癖なところや、孤児だったのに自分自身の力で地位を築いてきたあの強さ。孤高の人物はいつでもセクシーだ。

何故彼が女性恐怖症なのか?幼い頃の修道女が関係してるのかなあ。何故彼は今まで絵画との偽りのSEXで満足してたんだろうか?

1番疑問なのが何故ホイホイ彼女を好きになってしまったのかってところ。これはビリーが首謀者のはずなので、今までの絵画から好きな女の顔をわかっていたのかも?それと心理学的なテクニックを使って彼女を好きにさせているところも気になる。

例えば同じ者同士だと思わせたり、気ままに振り回す点(駆け引き?)、他にも「異性を好きになる時には自分と正反対の相手を好きになる」という心理からすると、ヴァージルとクレアの人相は逆だし、元孤児の彼と違って彼女はあんな屋敷を所有するお金持ちという設定だしね~。

ヴァージルの顔は中心寄り、クレアの顔は割と浅めで目が離れ気味。私の経験上、人相的に逆の相手を好きになる確率が高い。そう考えると合致がいくし、なによりこの映画はフラグ回収が上手い。

そうそう、「芸術家は自分の作品が嫌いなもの」らしいッスよ。

最近の映画ではベストでした!ヴァージルが何故上手く惚れてしまったのか?を気にかけなければ、まとまりのいい作品。★5。大好きです。ただ、たまーにしか見たくない。見たあとしんみりして切なくなるので・・・。